『君の名は。』も!新宿に聖地巡礼スポットがたくさんあるアニメ作品はこれ!

投稿日: 2017年12月13日

引用:http://eiga.com/movie/83796/

暇なときにぜひ行きたい!新宿のアニメ聖地巡礼スポット

2018年1月3日に大ヒットアニメ『君の名は。』がテレビ朝日地上波として初放送されるとのことです。
実は、『君の名は。』ってすごく新宿とゆかりがある作品なんですよ!

ということで、新宿の情報サイトをやっているからには便乗させていただくしかありません!

今回は『君の名は。』とともに新宿に聖地が多いアニメの聖地巡礼スポットをご紹介しようと思います。

君の名は。

引用:http://happy-lifek.com/kiminonaha

2016年公開の新海誠監督による大ヒット長編アニメ。
全国300館規模の上映、日本における歴代興行収入ランキングで第4位、世界での興行収入は日本映画で第1位というとんでもない話題作でした。

すでに観ている方も多いかと思いますが、実はこの『君の名は。』の舞台は東京の新宿周辺が多いんですね。

瀧くんの生活圏内はほぼ新宿と言っても過言ではないのです

アニメのようなかわいい女の子と出会いたいあなた、今すぐ新宿のシティーボーイを目指しましょうw

※ちなみに、瀧が通う高校は新宿高校……と思われがちですが、広島の基町高校だそうです。

『君の名は。』あらすじ:
とある田舎町に住む女子高校生・宮水 三葉(みやみず みつは)と、東京の都心に住む男子高校生・立花 瀧(たちばな たき)は、ある日を境に互いの人格が不定期で入れ替わってしまう。入れ替わりの頻度は、週に2、3回程度。入れ替わっていた際の記憶はすぐに忘れてしまうため、当初はただの夢だと思い込んでいた2人だったが、周囲の反応や人間関係の変化などがきっかけで入れ替わりに気付いていく。奇怪な入れ替わり生活をそれなりに謳歌しているかに見えたが、そんなひとときもまたある日を境にぱったりと途切れてしまうのであった。

本来出会うはずもなかった2人、そして千年に一度地球にやってくる「ティアマト彗星」、浮かびそうで浮かばない“大切な誰か”の名前。少年と少女を“結ぶ”数奇な運命の歯車がいま動き出す―――
(出典:映画『君の名は。』ネタバレなしのあらすじ・感想・見所を紹介

須賀神社

引用:https://ietty.me/magazine/seichijunrei-your-name/

映画のキービジュアルにもなっている場所で、『君の名は。』の聖地としては一番有名な場所なのではないでしょうか。
そう、映画のラストシーンで瀧と三葉が再会する石段は、なんと新宿区の四ツ谷駅近くにある須賀神社前の石段がモデルなのです!

引用:https://thepanoptic.co.uk/2016/10/13/your-name/

一時期はこの石段で写真をとるため、何十人も行列ができていました。
『君の名は。』のファンは絶対に行かなくてはいけない聖地と言えます。

引用:https://my-gadget-lab.com/your-name-real-life-locations#i-13

引用:http://xn--rck8fl98i.com/?p=7535

よく見ると、アニメの背景にもばっちり「須賀神社」って書いてありますね!

男女で行って映画のポスターと同じアングルで撮るとか良いですね!

【詳細情報】
詳細URL:http://www.sugajinjya.org/
場所:東京都新宿区須賀町5番地
アクセス:
 JR中央・総武線「四ツ谷」より徒歩10分
 JR総武線「信濃町駅」より徒歩10分
 東京メトロ丸ノ内線・南北線「四ツ谷駅」より徒歩10分
 東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」より徒歩7分
巡礼可能時間:24時間
定休日:なし

カフェ ラ・ボエム

引用:https://withnews.jp/article/f0160924004qq000000000000000W03610501qq000013991A

作品序盤で瀧がバイトをしていたおされ~なイタリアンレストランのモデルです。
お店にまでモデルがあったのかと驚いてしまいますね。

引用:http://michsuzuki.hatenablog.com/entry/2016/09/21/160130

実際のお店は最低限のドレスコードがあり、18時以降は未成年の入店禁止のルールがあるらしく、ぶっちゃけ高校生のバイト先としてはリアリティーなさすぎな気がしますが、外観や内観はアニメそのものです。

引用:http://sakamichi.tokyo/?p=7956

引用:http://heaaart.com/post/275102

アニメに出てきたような柄のよろしくない客はまず入らなそうな雰囲気ですが、意外とお値段はリーズナブル!
お金がない人はランチの時間に聖地巡礼に行ってみることをおすすめします。

あ、でもアニメ通りの雰囲気を重視するならやはり夜が良いですかね。
奥寺先輩のような美人ウェイトレスを期待して聖地巡礼してみてください!

【詳細情報】
詳細URL:https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13004291/
場所:東京都新宿区新宿1-1-7 コスモ新宿御苑ビル1F・2F
アクセス:東京メトロ丸の内線「新宿御苑駅」2番出口(大木戸門出口)より徒歩5分
巡礼可能時間(営業時間):[月~木]11:30~23:30、[土日・祝]11:00~23:30
定休日:なし

新宿駅周辺など

引用:http://sakamichi.tokyo/?p=7229

『君の名は。』の東京パートでは実在の駅周辺の風景がこれでもかと出てきます。

出てきた駅は新宿駅、代々木駅、千駄ヶ谷駅、信濃町駅、四ツ谷駅、東京駅。
東京駅を除き、新宿周辺の駅ばかりですね!

細かく挙げるとキリがないですし、もっと詳しく『君の名は。』の聖地を解説してくれているサイトはたくさんあるので、ここではサラッと本当に新宿駅の近くだけをご紹介しようと思います。

まず、新宿駅南口!

引用:http://travel.willer.co.jp/tour/campaign/kiminona/plan01.html

引用:http://travel.willer.co.jp/tour/campaign/kiminona/plan01.html

どーん!

新宿の駅舎と高速バスターミナル「バスタ新宿」が見えます!

引用:https://blogs.yahoo.co.jp/fujisyuu01/15010543.html

引用:https://blogs.yahoo.co.jp/fujisyuu01/15010543.html

そして、JR南口改札付近。

引用:http://sakamichi.tokyo/?p=7229

引用:https://my-gadget-lab.com/your-name-real-life-locations#i-13

新宿駅西口方面にある新都心歩道橋。
高層ビルが建ち並ぶ大都会のオフィス街です。

引用:https://my-gadget-lab.com/your-name-real-life-locations#i-13

引用:http://sakamichi.tokyo/?p=7229

新宿大ガード西交差点付近。

作中で大きな役割を果たす隕石(ティアマト彗星の破片)が見えるこのアングル!
印象深いシーンなので覚えている方も多いかと思います。

言の葉の庭

引用:https://video.unext.jp/title/SID0003809

『君の名は。』と同じく新海誠監督のアニメーション映画。
新海監督初の「恋」を題材としたアニメであり、万葉集を引用している全体的におしゃれ感が漂う作品。

作品のキービジュアルにもなっているベンチは新宿御苑にあります。
そんなわけで、新宿御苑の背景がたくさん出てきます。

『言の葉の庭』あらすじ:
靴職人を志す15歳の高校生タカオは、雨が降るといつも学校をさぼって公園で靴のスケッチに熱中していた。そんなある日、彼は27歳のユキノと出会い、雨の日だけの再会を繰り返しながらお互いに少しずつ打ち解けていく。タカオは心のよりどころを失ってしまったユキノのために、彼女がもっと歩きたくなるような靴を作ろうと決心する。
(出典:シネマトゥデイ『言の葉の庭』

新宿御苑:東屋

引用:http://astral01.hatenablog.com/entry/2015/02/15/235846

引用:http://astral01.hatenablog.com/entry/2015/02/15/235846

主人公のタカオとヒロインのユキノが初めて出会う場所、そのモデルが新宿御苑の東屋です。
割とどこにでもありそうな感じのベンチなのでスルーしてしまっていた方もいるかもしれませんが、実はこの作品ファンにとっては大事な聖地!

引用:https://yaharibento.wordpress.com/2016/07/31/the-garden-of-words-emotions/the-garden-of-words-anime-25-yukari-yukino-akizuki-takao/

引用:http://kotonohanoniwa.com/archives/40

ちなみに、作中では幾度となくここで飲酒をしているユキノさんですが、実際は飲酒禁止です。
見つかり次第怒られるので、真似してビールを飲むのは止めましょう。

新宿御苑:藤棚

引用:http://kotonohanoniwa.com/archives/40

引用:https://decoy284.net/2017/09/13/shinjuku-gyoen-kotonoha/

タカオが夢を語る場所、藤棚。
新海作品はいちいち背景におしゃれ感が漂っていますが、実際もこんなにきれいな場所です。

ただ、藤の花は狙ったシーズンに行かないと咲いていないので、季節を外すと若干物足りなさがあるかもしれません。

引用:http://astral01.hatenablog.com/entry/2015/02/15/235846

引用:http://astral01.hatenablog.com/entry/2015/02/15/235846

日本庭園にたたずむ旧御涼亭が入ったアングルも再現して撮影できます。

新宿御苑:入口

引用:http://astral01.hatenablog.com/entry/2015/02/15/235846

引用:https://yutori-kun.com/yutori/shinjuku-gyoen-pilgrimage-4207/

新宿三丁目側の入り口です。
券売機も実物通りに描かれています。
一度でも行ったことがある人は「ああ、あの場所!」となることでしょう!

はたらく魔王さま!

引用:https://www.youtube.com/watch?v=X55cjjQNEJg

『君の名は。』と並び、新宿に聖地が多いアニメが『はたらく魔王さま!』。
和ヶ原聡司による電撃文庫で出ているライトノベルが原作の作品です。

主人公は東京都渋谷区の笹塚、ヒロインは東京都杉並区の永福町在住という設定。
どちらも新宿へのアクセスが抜群に良いエリアなので、必然的に作中に新宿がたくさん出てくるのです。

正直「新宿が出てきすぎてどこをピックアップすれば良いんだ」状態なので、適当にわかりやすい場所をピックアップします。

『はたらく魔王さま!』あらすじ:
大海イグノラに浮かぶ聖十字大陸、エンテ・イスラ。闇の生き物たち、通称悪魔の王道楽土を建設するべく、魔王サタンは4人の悪魔大元帥を従えて人間世界に侵攻していく。世界征服まであと一歩というところまで迫っていた魔王軍だったが、そこに聖剣を手にしたひとりの女勇者が現れた。名前はエミリア。破竹の勢いのごとく魔王軍を制圧してゆく勇者一行についに追い詰められた魔王は、腹心の悪魔大元帥アルシエルと共に異世界へのゲートで撤退を余儀なくされる。
あてのないゲート漂流の果てに行き着いた異世界で2人の悪魔が目にしたのは、人間になった己の姿と現代日本・東京の摩天楼だった。
魔力の存在しない日本では力を取り戻せず、東京の笹塚にある六畳一間風呂無しのアパート「ヴィラ・ローザ笹塚」201号室を当面の住居「魔王城」としたサタンとアルシエル。2人はそれぞれ「真奥貞夫」と「芦屋四郎」へと名を変え、真奥は日本征服のための足がかりとしてファーストフード店でフリーターから正社員の座を目指してのアルバイトに励み、芦屋は魔王城で主夫業や魔力回復のための情報収集に励んだ。
一方、サタンたちを追って同じくゲートに飛び込んだエミリアも、天界の力「聖法気」が存在しない日本では力を回復する手段が見つからず、永福町にある八畳二間のマンションの一室を当面の住居として彼らと同様に「遊佐恵美」へと名を変え、携帯電話会社の契約社員として電話応対に励みながら真奥たちを監視し続ける。
さらには真奥へ想いを寄せるアルバイト先の後輩「佐々木千穂」のほか、遅れて日本へやってきた悪魔大元帥ルシフェルこと「漆原半蔵」や、エンテ・イスラの高位聖職者クレスティア・ベルこと「鎌月鈴乃」、そして魔王どころか勇者である恵美すら抹殺しようと目論む面々が現れるなど、物語は2つの世界を股にかけた展開を成していく。
出典:Wikipedia『はたらく魔王さま!』

新宿駅西口周辺

引用:http://rimatai.blog.fc2.com/blog-entry-247.html

引用:http://rimatai.blog.fc2.com/blog-entry-247.html

作品冒頭に出てくる新宿警察署裏交差点。
新宿名物(?)の通称「LOVEのオブジェ」もあります!

引用:http://tsurebashi.blog123.fc2.com/blog-entry-269.html

引用:http://www.sankei.com/photo/daily/expand/161012/dly1610120022-p1.html

新宿大ガード下。
実際はホームレスの巣窟と言っても過言ではない……。

新宿駅東口周辺

引用:http://blog-imgs-57.fc2.com/t/s/u/tsurebashi/hma201.png

引用:http://tsurebashi.blog123.fc2.com/blog-entry-269.html

夜中の徘徊シーンで出てくる歌舞伎町エリア。

こちらはミラノボウル(現在は閉館。「VR ZONE SHINJUKU」になってます……)前。
本当は夜に行きたいですが、歌舞伎町による行くのは気が引けるという方もいるかもしれませんね。

引用:http://tsurebashi.blog123.fc2.com/blog-entry-269.html

引用:https://blogs.yahoo.co.jp/naojyi/26974433.html

新宿駅東口前の謎のライオン像前。
「心の絆・ライオン広場」という広場のようですが、この名を知っている人は都民でも少ないのでは?

この作品で出てくる新宿の聖地を巡礼するだけで新宿一周ツアーできるんじゃないかなと思います。

以上です!
また良い作品があれば追記していきたいと思います。

この記事を読んだ人に読んで欲しい記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kabukingの書いた記事一覧はこちらから

新着記事

新宿Deeper編集者 厳選オススメ記事!

新宿Deeper 記事ランキング!

記事を書いてる人

= かぶきんぐ =

新宿区生まれ・新宿区育ちのアラサー男。仕事の憂さを晴らしに日々新宿を徘徊するのが日課。
風俗もちょこーっと嗜みます。魔界都市〈新宿〉のことは僕に任せてほしい。

※画像をクリックすると、書いた記事一覧を見る事ができます!