新宿トクするINFO 新宿便利情報

【2018年】新宿・歌舞伎町で起こった犯罪・事件まとめ【TOP10】

投稿日:2018年12月14日 更新日:

新宿で起こった犯罪・事件まとめ

かぶきんぐ
東京を代表する繁華街・新宿。遊びにも買い物にも困らない便利な街ですよね。 そんな新宿ですが、そのように人が集まるからこそたくさんの事件や犯罪が起きています。 そこで、今回は2018年に新宿で起こった主要な犯罪・事件をまとめてみました。

ポイント

「2018年に新宿でどんな事件があったのか振り返りたい」
「きらびやかな新宿の裏の部分をのぞいてみたい」

という方は、ぜひご覧ください!
僕の独断と偏見でランキングづけしていますw

2018年に新宿で起こった犯罪・事件TOP10

かぶきんぐ
2018年には、新宿でどのような犯罪や事件が起きたのでしょうか。それでは、早速10位からランキングを見ていきましょう。

第10位「鼻毛切り用はさみで強盗未遂」

鼻毛切り用はさみで強盗未遂

新宿区のコンビニエンスストアで、店員を鼻毛切り用のはさみで脅して現金を奪おうとした疑いで40代の男が逮捕されました。

引用:TOKYO MX NEWS

鼻毛切り用はさみという単語がすでに強烈なインパクトを放っていますねw
そのクセのある単語のせいで、僕もかなり印象強く記憶に残っています。

この事件は西新宿7丁目のコンビニで発生しました。
容疑者は無職の男で、動機は「お金が欲しかったから」とのこと。
ケガ人や死亡した人はおらず、人命に関する被害が出ていないのが何より幸いですね。

しかし、強盗するのになぜ鼻毛切り用はさみを使ったのでしょうか…(頑張れば丸腰でも対抗できそうな気がしてしまいます)。ひょっとしたら店員さんの鼻毛を切ってあげようとしていたのかもしれませんね。そんなことはないですね、ごめんなさい。

れっきとした犯罪ですが、未遂で終わっているということと人命被害が出ていないことから第10位です!

第9位「アルカリ性液体の入ったアルミ缶爆発、女性やけど」

アルカリ性液体の入ったアルミ缶爆発、女性やけど

8月26日午前5時40分ごろ、山手線内回りのホームで発生。階段を上っていた女性の左足にアルカリ性の液体がかかり、女性が軽いやけどを負った。現場には蓋が外れた状態の500ミリリットルのアルミ缶が残されていた。

引用:産経新聞

あなたは駅のホームでアルミ缶がいきなり爆発したらどうしますか…?と言われてもどうにもできないですよね。僕もただただ怖いです、はい。

そもそもアルカリ性の液体って何!?」と思いますよね。
僕も気になったので少し調べてみたら、どうやら舐めたら苦い液体は基本的にアルカリ性みたいです。

具体的には「アンモニア水」「石灰水」などがアルカリ性の液体にあたるとのこと。
アルカリ性が強いものだと皮膚を溶かすといった作用があるので、そこらにある液体は絶対に舐めないでくださいね!!

そのアルカリ性の液体が入ったアルミ缶ですが、都内の飲食店従業員の男が所有していたもので、男は過失傷害容疑で書類送検されました。

ただ駅のホームを歩いていただけなのにやけどさせられたらたまったもんじゃないですよね。
しかし、食器用洗剤のような身近なアルカリ性の液体も、アルミ缶に入れることによって化学反応を起こす危険性があるとか。思いがけないものが危険物になるということですね。

ふとしたことで自分が犯罪者にならないためにも、注意したいですね…!

第8位「元・歌のお兄さん、覚醒剤使用容疑で逮捕」

元・歌のお兄さん、覚醒剤使用容疑で逮捕

覚醒剤を使用したとして、警視庁は、NHKの番組に「歌のお兄さん」として出演していた自称音楽講師の沢田憲一容疑者(49)=兵庫県伊丹市=を覚醒剤取締法違反(使用)容疑で18日に逮捕した。「2年前から使用していた」と供述しているという。

引用:朝日新聞

歌のお兄さんって男女問わず憧れますよね。
優しくていつもニコニコしている歌のお兄さん、僕も子供のころは大好きでした。
そんな元・歌のお兄さんが覚醒剤使用容疑で逮捕なんて、悲しすぎますね…。

逮捕された元・歌のお兄さんである沢田憲一容疑者ですが、1996年から5年ほどNHKの歌のお兄さんとして活躍していたようです。

20代後半~30代ぐらいの方の中にはひょっとしたら覚えている人がいるかもしれませんね。
また、その後は俳優や歌手など多岐にわたって活躍していたようで、多才な人であることがうかがえます。

歌のお兄さんは明るくて純真なイメージがあるお仕事なだけに、このようなネガティブなニュースがあるとびっくりしてしまいます。
また、逮捕された場所が夜の街・歌舞伎町ということで、これもまた似つかわしくないですよねw

ということで、世間の驚きやインパクトを考慮して第8位にしました!

第7位「違法賭博店摘発」

違法賭博店摘発

警視庁組織犯罪対策4課が6月、東京都新宿区歌舞伎町の雑居ビルで営業していたバカラ賭博店を摘発した。隣には、違法なパチスロ機を設置する店もあり、2つの店は鉄製の「隠し扉」でつながっていた。

引用:産経新聞

みなさんはギャンブルってお好きですか?

僕はギャンブルにはほとほと疎いのですが、パチンコやスロットなど、ギャンブルが大好きな人ってたくさんいますよね。ちゃんとしたお店で楽しむ分にはいいのですが、中には違法なお店もあるので気をつけなければいけません。

今回の事件はそのいい例で、歌舞伎町にある違法賭博店の経営者・従業員が常習賭博容疑で逮捕されました。

なんと違法店の2つは隠し扉でつながっていたということで、思わず「忍者かよ」とツッコんでしまいましたw 忍者がバカラやパチスロをしている姿を想像したらなんだか面白いですね。

冗談はさておき、ギャンブルは楽しく・健全に遊ぶのが一番です!

第6位「新宿三丁目駅前で白昼堂々男性死亡」

新宿三丁目駅前で白昼堂々男性死亡

10月15日昼ごろ、地下鉄新宿三丁目駅近くで、ビルとビルの間に男性が倒れていると110番通報がありました。警察官が駆け付けたところ、30代ぐらいの男性1人を見つけ、その場で死亡が確認されました。

引用:TOKYO MX NEWS

「夜の新宿は怖いけど昼なら安心」なんて思っていませんか?
もしかしたらそんなことはないのかもしれません…。

この事件は真っ昼間に頭から血を流した男性が発見されたというもので、発見後まもなく死亡が確認されました。

男性が発見された場所は人通りが多く、加えて平日の正午ごろの出来事であることが衝撃的で、周辺の買い物客やOL・サラリーマンはさぞかし驚いたことでしょう。
僕も新宿三丁目付近はよく利用するので、非常に恐ろしい気持ちになりました…。

事件前日は人が特に多い日曜日だったので、もしかしたら深夜に揉め事が起きて事件の引き金になってしまったのかもしれませんね。

いずれにせよ、今一度自分の防犯意識や街の治安について考えさせられる事件でした。

第5位「自称ユーチューバー暴行容疑で逮捕」

自称ユーチューバー暴行容疑で逮捕

動画投稿サイト「ユーチューブ」に動画を投稿して広告収入を稼ぐ「ユーチューバー」を名乗る男(35)が5月4日、東京・新宿のバーで動画配信中に女性の頭を殴ったとして、警視庁に暴行容疑で逮捕された。強い酒を飲む動画を配信するはずが、生中継されたのは、酒にのまれて理性を失い、暴れ出す男の姿だった。

引用:産経新聞

最近非常に人気の高い職業であるユーチューバーですが、華やかな印象がある一方で犯罪やトラブルなど多くの問題が発生しています。

今回の事件は、とある男性ユーチューバーが強い酒を飲む動画を配信しようとしたところ、酔って理性を失ってしまい女性に暴行をはたらいてしまったというのが一連の流れです。

男は以前から動画配信時に問題行為をたびたび繰り返しており、その素行が目に余っていよいよ逮捕されました。

ユーチューバーは子供の憧れの職業としても名高いので、子供のお手本となるような動画を撮ってもらいたいものですよね。僕もユーチューブはよく利用しますが、このような問題行為の映像を観るとただただ不快になります…。

酒は飲んでも、のまれるな」、今回の事件にぴったりの言葉ですね。

第4位「新宿ビックロ爆破予告」

新宿ビックロ爆破予告

東京・新宿の「ビックロ ユニクロ新宿東口店」に爆破予告のメールを送ったとして、警視庁は同店パート従業員の中野勝幸容疑者(23)=東京都三鷹市=を威力業務妨害の疑いで逮捕し、9日発表した。「同僚や会社に不満があった」と容疑を認めているという。

引用:朝日新聞

第4位は「新宿ビックロ爆破予告事件」です。
僕はここのビックロをよく利用するので、事件当時はめちゃくちゃ困った記憶がありますw

脅迫文はこんな感じの内容だったとのこと。

「爆弾を仕掛けた。17時までには爆発する。オウムの死刑を後悔しろ」

引用:同上

オウムの信者だったのかどうかはわかりませんが、犯人はまさかの同店の従業員で威力業務妨害の疑いで逮捕されました。

爆弾の爆破時間が「17時までには」というのが少しフワッとしてますねw

新宿東口のビックロって新宿駅の目の前ですし、周辺道路の人通りも尋常じゃないほど多いので、もし爆破されていたら考えられないほどの被害が出ていたでしょうね…考えただけで恐ろしい…。

第3位「東大生強制性交で逮捕」

東大生強制性交で逮捕

産経新聞によると、逮捕されたのは東京都西新宿の事件当時東京大学経済学部に所属していた男(24)。容疑者は今年9月15日、自宅のタワーマンションの一室に30代の女性を連れ込み、乱暴した疑いが持たれている。

引用:niftyニュース

東大生が強制性交の容疑で逮捕されたというとんでもない事件。
近年、男子大学生の性犯罪が問題となって注目されていただけに、世間に大きな衝撃を与えたことを覚えています。

また、この男子大学生は少々有名人だったようです。

容疑者は平成26年に開催された「ミスター東大コンテスト2014」に出場し、特設サイトではファイナリスト5人のうちの1人として紹介されている。また、容疑者は「東大生」の肩書きでテレビ番組などにも出演。奔放な性生活を明かし、インターネット上で話題になっていた。

引用:同上

ミスター東大コンテストに出場経験があり、奔放な性生活を明かしていたというのは色々とインパクトが強いですね。

しかし、在学していた大学そのものの品や評判にかかわるため、在校生からしたら非常に迷惑な話でしょう…。

個人的には、事件とは直接的な関係はありませんが、男子大学生の自宅が「タワーマンション」だということに一番びっくりしましたw
若いうちからなんていいところに住んでいるんだ…うらやましい…。

それはさておき、ムラムラしたら人に迷惑をかけずに処理するべきです。
人に迷惑をかけないことはもちろん、犯罪なんてもってのほかですね!

とにもかくにも、このような女性を傷つける性犯罪が減ることを祈るばかりです。

第2位「歌舞伎町コインロッカー乳児死体遺棄」

歌舞伎町コインロッカー乳児死体遺棄

東京都新宿区歌舞伎町のコインロッカーから、生後間もない女児の遺体が見つかった事件で、警視庁新宿署捜査本部は2日、死体遺棄容疑で、住所不詳の自称無職、戸川万緒(まお)容疑者(25)を逮捕した。「漫画喫茶の店内で子供を産み、殺してしまったので近くのコインロッカーに捨てた」と容疑を認めており、捜査本部は今後殺人容疑でも調べる。

引用:産経新聞

定期的にニュースで報道される乳児や子供の死体遺棄事件。
こちらも非常に痛ましい事件ですね。

お腹を痛めて産んだ赤ちゃんを自分の手で殺すというのは、どんな事情であれ理解できませんし許し難い行為です。なんといっても親が子供を殺すなんて悲しすぎますよね。また、産んだ場所が漫画喫茶というのも衝撃的でした。

社会的背景か個人的な事情、どちらが原因か定かではありませんが、このような悲しい事件は1件でも少なくなってほしいと切に願うばかりです。

第1位「飛び降り自殺騒動多発」

飛び降り自殺騒動多発

10月2日午後7時過ぎ、東京・歌舞伎町のビルから20代の女性が飛び降りた。 「すごい音がして外を見たら、女性が倒れていました。そばにはスーツを着た男性もあおむけて倒れていて、頭を押さえていました」。直後の様子を目撃した近くの飲食店の女性店員(21)が話した。女性は転落した際、真下にいた通行人を巻き込み、男性が重傷を負った。女性は搬送先の病院で死亡が確認された。

引用:Yahoo!ニュース

この事件は女性が飛び降り自殺をしたという内容ですが、この事件が起きた2018年10月は新宿で飛び降り自殺騒動が多数起こりました。

どうやらこの自殺騒動にはホストクラブが絡んでいるようです。

少女によると、女性は歌舞伎町のホストクラブの常連だった。「担当」と呼ばれるホスト目当てに、毎晩のように店に通っている様子だった。

引用:同上

亡くなった女性はホストクラブに多額のお金をつぎこんでいたとのこと。
キャバクラに置き換えて考えてみるとつぎこみたくなる気持ちが僕にも少しはわかります…。

異性とお酒を飲みながらおしゃべりするのって本当に楽しいですもんね。
しかし、身の丈に合ったお金の使い方をしなければいけないのも事実。みなさんもお金のご利用は計画的に!

いずれにせよはっきりとした真相は定かではありませんが、同じ街で1か月に複数件の自殺騒動が起きるのは異常です。

そういった一連の流れを含めて僕はその異様さと奇怪さにゾッとしたため、堂々の第1位にランクインです。

新宿の犯罪・事件…バラエティに富みすぎ!

いかがでしたでしょうか。「これって2018年の出来事だったんだ」「新宿でこんな事件あったの?!」と、人によってさまざまな感想を持たれたかと思います。
僕も記事を書きながら同じような気持ちを抱きましたw

かぶきんぐ
こうやって振り返ると2018年は一風変わったものから凶悪なものまで、本当に色んな事件や犯罪が起きていたんですね。みなさんにとってこの記事が2018年を振り返る1つの材料になれば幸いです。
  • この記事を書いた人
kabuking

kabuking

新宿区生まれ・新宿区育ちのアラサー男。仕事の憂さを晴らしに日々新宿を徘徊するのが日課。 風俗もちょこーっと嗜みます。魔界都市〈新宿〉のことは僕に任せてほしい。

-新宿トクするINFO, 新宿便利情報

Copyright© 新宿Deeper 新宿風俗 ナイトレジャー情報サイト , 2019 All Rights Reserved.