新宿夜遊び 新宿風俗

新宿の裏風俗「たちんぼ」とは?外国人とも遊べるその独特な魅力に迫る

投稿日:2019年1月10日 更新日:

新宿の裏風俗「たちんぼ」とは?外国人とも遊べるその独特な魅力に迫る

新宿で裏風俗として密かに語られる「たちんぼ」ですが、実際どういうものなのか気になりませんか?

「怖い・危ない・高そう」というイメージを持っている方も多そうですね。しかし、実はたちんぼならではの魅力もいくつかあるんですよ。

そこで、今回は「そもそもたちんぼとはなにか」という基本的なことはもちろん、たちんぼと実際にできることなどの踏み入った情報まで詳しく解説していきます!

また、新宿ならどこでたちんぼと会えるのか、さらには新宿の値段相場などもご紹介します。

かぶきんぐ
このかぶきんぐが、謎に包まれたたちんぼの実態を暴いていきますよ!!

たちんぼってなに?どんなことができる?

たちんぼってなに?どんなことができる?

そもそもたちんぼってどういうもので、何を指すのかわからない方も多いかと思います。まずはたちんぼの基本的な部分について解説しますね。

たちんぼってどういう意味?

たちんぼとは、路上で自ら客引きをする娼婦のことです。

つまり、性的サービスを行ってお金をもらうために、通行人に声をかける女性のことですね。

いわゆる「街娼」というやつです。1990年代~2000年ぐらいの新宿にはかなり数が多かったらしいですよ。

度重なる法改正などによってその数は減ってきてはいますが、今でも新宿や池袋などの特定のエリアには確実に存在します。

たちんぼには外国人が多く、特にアジア系の人の割合が高いのが特徴的です。年齢層も若い子から年配の方まで幅広く、たちんぼをする理由もさまざまです。

たとえば「貧しくて生活できない」「遊ぶためのお金がほしい」「自由に稼ぎたい」といった理由が挙げられます。

最低限のコミュニケーションがとれれば稼げるという理由から、外国人が多いのかもしれませんね。

たちんぼとできること

さて、次は「たちんぼとはなにができるのか」という部分に触れていきます。みなさんが一番に気になっているところではないでしょうかね。

たちんぼは、単刀直入に言うと交渉次第でなんでもできます!!

というのも、たちんぼは風俗店と違って個人間のやりとりなので、サービス内容・値段・時間などを自由に交渉できるからです。

かぶきんぐ
風俗店ではできないことがたちんぼとならできるなんてこともあるわけですね。 これは夢が広がる…!

交渉によってプレイ内容は変わりますが、基本的には最後までできることが多いようです。

時間がない場合は「30分ぐらいでフェラだけしてもらう」「20分で手コキ」とか、自分の都合にあわせて融通が利くところがいいですね。

ただ、風俗店と違って時間が何分であれ、1回発射したら終わりというケースが多いようです。

もちろんこちらも交渉次第ではありますが、中には時間の許す限りは複数回OKなんて子も。

交渉がうまくいくかどうかで満足感が変わってしまうので、できる限りは交渉がしやすい性格のよさそうな子を選びたいですね。

こういった駆け引きができる点もたちんぼの魅力と言えます。

また、たちんぼと遊ぶときは、かわいい子を発見したらすぐに決めてしまったほうがいいです。

じっくり女の子と値段を吟味して…なんてことをしていたら、そのあいだにかわいい子は他の人に取られてしまいますからね。

慎重に選びたい気持ちもわかりますが、実際に遊ぶときは即断即決がいいということだけ覚えておいてください!

たちんぼの値段相場

気になるたちんぼの値段相場ですが、だいたい「15,000~20,000円(ホテル代込み)」と言われています。

しかし、これはあくまで相場なので、ソフトなプレイ(フェラだけ・本番なしなど)であればこの金額よりずっと安くなることも。このあたりは風俗店と似ていますね。

また、時間の長さでも値段が変動することが多いです。当たり前ですが、プレイ時間が長ければ長いほど高くなるので、時間を短くして値段交渉なんてこともアリかもしれません。

かぶきんぐ
たちんぼは基本的に1回発射したら終わりだということを考えると、時間が短くて済む早漏の人は少々お得かもしれませんね。

あと、実際にたちんぼと遊ぶときは必ず値引き交渉をするのを忘れないでください。

というのも、たちんぼは高めの金額を最初に提示してくるからです。

5,000円ぐらいは値引きできることが多いので、たちんぼの提示金額を鵜呑みにしないように注意しましょう。

新宿でたちんぼと遊ぶのはおすすめ?

新宿でたちんぼと遊ぶのはおすすめ?

たちんぼはおすすめできない!

話の腰をおってしまいますが、たちんぼと遊ぶのは基本的におすすめできないです。

ここまで話して「おすすめできないんかーい」というツッコミが聞こえてきそうですが、主に4つの理由があります。

1:行為内容によっては売春防止法にひっかかる

たちんぼは実際に行うプレイ内容によっては売春防止法にひっかかってしまうんです。

具体的には本番をしてしまうと違法なんですね。裏を返せば、フェラや手コキ程度なら問題ないとも言えます。

かぶきんぐ
とはいえ、違法行為と定められているものの、現在は具体的に罰則などはないようです。しかし、相手が子供や未成年だった場合は別の法律にひっかかって完全にアウトなので、そこだけは注意しましょう。

2:美人局の場合がある

みなさんは美人局(つつもたせ)ってご存知ですか?

簡単に意味を説明すると「女性がターゲットの男性に対して色仕掛けをし、その後仲間の男性が恐喝または詐欺行為を行うこと」です。

たちんぼの中にはこの美人局が紛れていることがあるんです。これは個人間のやりとりだからこそ起こる問題と言えますね。

たちんぼかと思って、いざホテルに行ったら「屈強な男が出てきて…」とか、あるいは「お金を騙し取られて…」なんてことも起こりうるわけです。

風俗店は事前にある程度相手の情報がわかりますが、たちんぼは相手の素性がまったくわかりませんからね。

個人間のやりとりなので、このような問題が起きても基本的には誰も助けてくれません。

仮に美人局にあたってしまったとしても、「まあ、しょうがないか」ぐらいの考えができる人じゃないとおすすめできませんね。

3:病気を移されるリスクが高い

これは風俗店でも考えられるリスクですが、たちんぼのほうが圧倒的にリスクが高いです。

風俗店であれば「互いに清潔な状態でプレイをする」など、衛生面に配慮しているところがほとんどですよね。

しかし、たちんぼは何人もの男性と生でFUCKをしていたり、普段から衛生面に気を配っていなかったりすることも少なくありません。

つまり、病気を持っている可能性が高いというわけです。

中には命にかかわる病気を移されることもあるので、シャレにならないことになる可能性も。

かぶきんぐ
ちなみに僕はこの「病気を移されるリスク」が一番恐くて、たちんぼに近づくのをやめましたw

4:結局遊べずじまいになることが多い

たちんぼは数自体が少ないので、好みの女の子がいる可能性も自然と低くなります。

なにしろたちんぼが多い新宿といえども、日によっては全然いないことがありますからね。

色々探し回ったのに遊べずじまい…なんてこともザラなので、結局最初から風俗に行ったほうが時間を無駄にせずに済む場合が多いんですよ。

やっぱりなんだかんだ風俗ってコスパがいいんですよね…しみじみ。

安全を求めるなら風俗

ここまで見てきたように、たちんぼにはかなりのリスクがつきまといます。

そのため、「冒険してみたい」とか「リスキーなのがまたいい!」という人じゃない限り、ちゃんとした風俗店で遊ぶことをおすすめします。なにしろ新宿にはお店がたくさんありますからね!

それに楽しく遊びたいだけなのに騙されたり病気を移されたりしたらたまったもんじゃないですw

僕はそういう理由から、たちんぼとは遊ばずに風俗店しか使っていないです。やっぱりお店というだけで凄く安心感があるんですよね。

ちなみに、僕が新宿の風俗店を探すときは「駅ちか!風俗ランキング」というサイトを利用していますよ。

新宿だけではなく各エリアの風俗店情報が詳しく書いてありますし、たちんぼみたいに交渉なんかしなくても、このサイトにあるクーポンを使えば安く遊べるので便利です。よかったら活用してみてくださいね。

新宿のたちんぼエリア

「リスクはわかったけど、それでもたちんぼと遊んでみたい!」という方のために、新宿の主要なたちんぼスポットを紹介しておきますね。

新大久保駅前のラブホテル街

新大久保は韓国料理店や韓国のコスメ店などが建ち並ぶ、いわゆる「コリアンタウン」として有名ですよね。

そんな新大久保ですが、実は駅前のラブホテル街がたちんぼスポットになっています。

やはりコリアンタウンだからなのか、比較的韓国人のたちんぼが多い印象です。中国人などの東南アジア系のたちんぼもたくさん見かけますね。

また、このエリアの値段相場はだいたい15,000円のようです。この記事のために取材に行ったところ、ほとんどの女の子がそのぐらいの値段を提示してきました。

50歳前後のおばさんは「10,000円でいいよ!!!」とか言ってきましたけどね。こっちから願い下げですw

ポイント

新大久保はアジア系の外国人と遊んでみたい方におすすめのたちんぼスポットと言えますね!

新宿ハイジア前

新宿ハイジア前は、新宿の歌舞伎町にある超高層ビル前の場所を指します。ここは西武新宿駅や大久保公園がすぐ隣にあるのが特徴的です。

新宿は東京屈指の繁華街なのでたくさんの人が集まりますよね。新宿ハイジア前も昼夜を問わず多くの人が行き交うエリアです。

ですから、そんな新宿ハイジア前には若い子・熟女・外国人など、さまざまなタイプのたちんぼがいます。

こちらのエリアも、新大久保同様に値段は15,000円前後が相場のようですね。ただ、ここはベテランたちんぼも多いので、最初はかなり高額な料金を提示してくることも少なくないとか。

女の子の巧みな交渉術に負けないように頑張って値引き交渉しましょう。

ちなみに、僕の友達は新宿ハイジア前にいた白人の欧米系たちんぼと、「15,000円・60分・ゴムなし・本番アリ」という条件で遊べたみたいですよ!

ぐぬぬ…うらやましい…。

ポイント

ということで、新宿ハイジア前は国籍や年齢を問わず、いろんなタイプのたちんぼを見てみたい方におすすめのスポットです!

まとめ:新宿で安心を買うなら風俗店、冒険するならたちんぼ

たちんぼにはたちんぼにしかない独特な魅力がありますが、それ以上にトラブルが生じるリスクが高いです。

そういったリスクを考えると、風俗店で遊んだほうが圧倒的にコスパがいいと言えますね。僕は断然風俗店を推しますよw

また、リスクを承知の上でそれでもたちんぼと遊びたいというときは、身分証や余分なお金などの貴重品は駅のロッカーに入れて用心しておくと安心ですよ。くれぐれも自己判断・自己責任で遊んでくださいね。

記事内で紹介したおすすめの風俗ポータルサイトはこちら!
駅ちか人気!風俗ランキング

-新宿夜遊び, 新宿風俗

Copyright© 新宿Deeper 新宿風俗 ナイトレジャー情報サイト , 2019 All Rights Reserved.